2017/01/08

ブーツチューン2017-vol1

2017シーズンも雪不足・・・
仕方がなく、基礎板を履く機会が多くなる。
これまで、基礎板でも僕が使うようなグレードの板なら、ブーツの剛性不足などさほど気にならなかったのだけれど、ブーツの前後の剛性がもうすこしあってもいいのかな?と少し思うように・・・
おそらく固い雪ばかり滑っているせいか?

という訳で、性懲りもなくDYNAFIT TITAN ULをこねくり回す。

市販のスポイラーを挟むことも考えたが、足首回りに余裕もなく、アッパーカフに1枚固いものを挟んでみようと、手持ちのジャンクパーツを漁ると、REXXAM DATAのリアスポイラーがでてきた。

元々がアッパーカフの高さ調整のものだけに、さほど素材自体に剛性感はない。




それでも、シミュレーションしてみるといくらかは固くなる感じ。

アッパーカフにドリルで穴をあけ、ボルトで固定。

※ボルトはカフが重なるところなので、なるだけ平坦なものを選び長さも4mmですむ、アルバム用の留め具を使用。

ただ、この金具あまりトルクがかけれないので、ロックタイトをいれしめこんだ。

ジャンクパーツ?出合わせた割には上手く収まった。

少しでもトップの抑えが良くなるといいけど・・・

※昨シーズンまでは曲げ加重というより伸ばし加重の意識が強かったから気にならなかったフレックスが、少し意識的に曲げ加重にするとスキーより先にブーツが曲がる感じが少し気になるように・・・たぶんソレが理由。
 基本的にはブーツは柔らかくてもいいと思ってはいる。
ただ、本当に固い板特にトーションが固い板は、固いブーツの方がバランスがいいとは思う。


2016/10/30

2016-17シーズン

久々の投稿・・・

いろいろありまして・・・しばらく更新できませんでした。すみません

16-17シーズンもそろそろ始まりますが、間際になって新車を投入。

昨シーズン、雪不足のため仕方がないのでゲレンデばかり滑っていましたが
小回り板がどんなにチューンしても、ズレるというか、足元が逃げるようになり
さすがに買うしかないかな・・・と

思ってはいたのですが、いまさら?小回り板を買うのも・・・と
ためらっていました。

まあ、久々にネットで「ポチッ」と

試乗もしていなかったので、手堅く昨シーズンまで使っていた板の15-16モデルを
手に入れ、せっせと10月に入ってからワクシング。

今年の夏はいつまでも暑くてかないませんでしたが・・・
10月に入って急に気温が下がってしまい、例の日干しをしても今一つ、ワックスが入らず。

すでに2~30回は入れていますが、いまだに気泡がチビチビと出ます。

あ~どうせ買うならさっさと買えばよかったと今さら・・・後悔しております。


2016/01/31

2016初ハイク

この辺りはまだまし・・・・この後は…汗!!
今季初ハイク。
どうにもこうにも雪がない。
先日の大寒波で、ようやくまとまった雪がホームにもあった。

しかし、絶対量が無い。

条件が悪いことはわかっていたが、ハイキングがてら裏へ
案の定、まだまだブッシュが隠れていないうえ、笹薮に積もった雪は
雪の下に大きな空間があり、踏み出すごとに周りが沈む・・・・・

まるで、深雪のラッセルをしているかのように、足を大きく上げないと
笹トラップにはまる・・・・

それでも一応、状況確認のためいつものスタート地点まで登った。

上部もやはりブッシュが隠れておらず、笹トラップだらけ・・・
笹目?に滑らないとスキーを横にするとヤバそうだ。

沢はまずまずの積雪のようだが、そもそも下は水場のはず・・・
沢のボトムを攻めることはできない。

それでも、雪のある所を狙い滑るが、高度が下がると景色が・・・・
緑だ!!

1mほどの笹林・・・・
白い世界ではなくグリーンだ!!

笹ポールを滑るかのようにわずかなラインを見つけ滑るが、斜度がきついところは
笹下に雪がない。(汗)

それでも何とか・・・・
ちょっと考えさせられるトラブルもあり続きはまた・・・・




2015/11/29

DIY:カラビナのロック

また、細々としたDIYをご紹介。

僕のホームゲレンデでのシーズン券は顔写真付きの記名式。
だから、チケットホルダーが必要で、主にカラビナ式のものをパンツにぶら下げるスタイルがデフォルトだ。

しかしこのカラビナ。チケットホルダーに付いているようなものは大体同じようなグレードのアルミのものが多く、100均一で購入出来るものとさほど差はないモノが多い。

このアルミのカラビナ、あまり信用ができない。もちろんアルパイン用のモノと違い、たかだかチケット一枚ぶら下げるだけなのだから、強度的にも強いモノは必要ない。

しかし、特にアルミ製の小型のモノはふとした衝撃で、ラッチが開き外れる事がある。
経験のある方も少なくないだろう。
アルパイン用でなくてもロック付きのカラビナというのは有るにはあるが、大型で重量がかさむものが多い。
僕の場合、スクリュタイプの小型のモノを使用していたが、それでもある日スクリュが緩み開いていた事があり、ヒヤッとした事がある。(シーズン券を落とすなど想像したくない。)
それ以来、スクリュの上からテープを巻くようにしているが、それもまたスマートじゃない。
小型で軽量、安価でロックのついたカラビナ・・・。


で思いついたのが、コレ!

100均一のアルミのカラビナにスライドロックを付ける。
スライドロックは、ストロー。
口径の合いそうなストローをカットして差し込み、ストローをスライドさせて開口部をロックしてしまう。

ストローをラッチの長さにカットしてスライドさせるだけでもいいのだが、ストローとカラビナの摩擦だけではいささか不安。
曲がるストローのジャバラ部分をカットして差し込めば、伸ばしてロック、チジメてロックオフが出来、早々ロックが外れる事はないだろう。

もちろん、強度が上がるわけでは無いが、このジャバラロックはかなり安心度が上がるんじゃ無いかな!?
お試しあれ!

2015/11/26

DIY:イージースキンセイバーを作ってみた!

イージースキンセイバーというのは、素早く、簡単にクライミングスキンを収納および貼りつけができるスキン用簡易収納袋の事。
詳しくはコチラで。







G3を使用していた時に購入したモノ
悪条件の中だと確かにチトシートよりストレスが少ないので気にいっていた。しかしグルーレスのGeckoでは使う事もなく、コールテックスを使うようになってからまた使い始めた。
コールテックスの場合、チトシート無しで巻き取っていくという方法もあるので、特に必要性もないと思っていたが、使って見ると登り返しの時など、ハイク準備がスムーズな上、強風時などはストレスが少ない。
最近はコールテックスでもスキンセイバーを使っていた。

スキンセイバーは、長期保存時には使えないとされているので自宅での保管時にはチトシートで保管しているが、グルーレスのコールテックスなら問題ないような気も・・・・

で、前置きが長くなったが、そのイージースキンセイバーを作るという話。

スキンセイバーそのモノは単純な構造で長細いただの袋だ。
ただその素材が少し特殊で、グルーが着きにくい伸縮性のあるナイロンで出来ている。
(ポリエステル?)

子供のかっこいいジャージを捨てるというので、もったいないと思うもののポリエステルのジャージなど雑巾にもならない・・・

「!」と・・・

思いつきざまに、股下を切り離し筒状のジャージを袋状に縫い。
幅を均一に調整して縫い。ほぼ手持ちのスキンセイバーと同じサイズに縫ってみた。

若干手持ちのモノより太くしたので、最近のファットサイズだ。

ただ、ジャージの素材に表裏があり、若干裏面に起毛処理があるので、本来ならグルータイプのスキンに使うのは問題があるかもしれない。
ただ、僕の場合コールテックスなので、さほど問題になる事はない。

もしも作る方がいらっしゃるなら、夏物か、学校のジャージなど起毛のないタイプのジャージが良いかと思う。




2015/11/18

DIY:SWIX カーボンポール カット&リング交換

久々の投稿・・・すみません。

初滑りの声もチラホラ聞く中、今年は研修会も行かないので初滑りはまだ少し先・・・。

とりあえず、気になっていたゲレンデ用のストックを調整。
ずいぶん前に投稿した内容とほぼ同じなのだけど、ついでにリングも交換。

物モチのよい僕は、いまだにSWIXのコレを使っている。
カーボンのわりに重いし、スウィングウェイトも軽くないのだが、あらためてゲレンデポールを買うのももったいなくて使っている。しかし、前回カットした後すぐに少し長い事には気がついていたが、なかなか億劫で作業には至らなかった。

コブなどでは明らかに持て余し気味でかなり意識して出さないとストックが引っかかって出てこない。その上、このストック異常にリングが小さい。シナノのノーマルリングと比較すると一目瞭然。雪が緩いとコブに突き刺さって何かとデリケートなポールだ。ゲレンデで刺して立たせる事も難しい。

そんな事もあり、ついでにリングも交換。

グリップは前回、また調整するであろう事が予想されたので、接着剤を仕込まなかったので少しヒートガンで温めて捻ったらすぐに外せた。


[カーボンポールのカット]
1:長さを具合のよい他のポールに合わせて、カットラインをテープで決める。
2:万能ノコでカット。
※カーボンポールはパイプカッターを使うと潰れてしまうので使えない。
3:カットした部分は、タッチペンでほつれ止めをした。
※マニュキアでもいい
4:外したグリップを戻して終わり。
※アルミポールと違って栓もなくネジ止めできないので、基本的に接着剤で固定するのが普通のようだ。完全に固定してしまうなら接着剤を使用したほうがいいかと思う。
※だから、ショップではカーボンポールの調整 は出来ないとのスタンスのようだ。


リング交換は、メーカーによって異なるが、最近はネジ式で交換する物も多く、道具がなくとも交換できるタイプがほとんどだが、SWIXははめ込み式のようだ。つまり力技で外し、はめ込むのみ・・・・プラスチック同士の固着も手伝いコレがちょっとやそっとじゃ回りもしない・・・・最初構造がわからず、回してみるがグリップのほうが先にはずれる始末。ネットで先の形状を確認して作業に入る。

[リング交換]
1:リング回りをヒートガンで加熱。
2:リングとポールの間に細いマイナスドライバーをねじ込んで爪から外す。
3:新しいリングも温めて交換。

今回交換したリングは、たまたま買い置きのあったシナノのノーマルリング、交換タイプのネジの切られたものではなく、カーボンポール用となっていた。
上手く加工なしでそのまま取り付ける事ができた。
シナノのリングは収納用のホールもあり実用的だ。実はSWIXのレーシーなイメージは好きだが収納性の悪さも気になっていた。

これでしばらく、また使えそうだ。

2015/08/24

DIY:インビス[テレマーク編]完了

預かりモノのVecterのBOLD

リクエストは、取り付けてあったテレビンディングの穴をインビス化するというもの。
慣れない、テレビンディングの取り外しに少々手こずり、夏の暑さもあり作業は停滞していた。

昨日、まとまった時間が取れたので・・・・作業開始。

ビンディングの取り外しは済んでいる。

コレまでにも、何度かインビスの作業はしているが、慣れるほどの数をこなしてはいない、精度のいる作業なので、前回の教訓を思い出しながら作業に入る。

手順をおさらい・・・

  1. 取付のビス穴をインビスサイズにドリルで拡張。
  2. タップを切る
  3. 接着剤を入れる
  4. インビスを挿入
  5. 硬化を待つ

今回はした穴があるので、大まかな手順はコレだけなのだが・・・
実際は、精度を要求されるため、その間の準備が作業以上に気を使う。

まずは、
1の前に、スキーを作業台にしっかり固定。(これ重要!)
次に、スキーの水平を確認。(前後、左右)

インビスの全長を確認(9mm)
下穴の深さを9.5mmにストッパーをセット。
※デジタルノギスにてちゃんと計る。
深さ9.5mm
※下穴は今までの経験から、深めの方が良いと考えている。下穴が浅いとソール側の膨らみや、インビスがトップシートと水平にならない場合がある。
本当は10mmくらいの深さに下穴を開ける方が使用には適しているはず。しかし
10mmの深さの穴を開けるのはかなり勇気はいる。
小心者なのでデフォルトの9.5mmでセット(笑)

ドリルがセット出来たら、再度ストッパーの増し締めをし、
ドリルのお尻に付けた水平器を確認したら、一気に穴を開ける。
面取り
・・・・のだが、その前に、ビス穴のささくれ、膨らみを面取りしておく。
※コレをしておかないと、いくら下穴があってもドリルが安定せずブレる事がある。
で、ようやくドリル。
※この段階でも勇気を持って、グリグリ、しっかり穴を開けきる事が重要。
ためらって、穴が浅かったりすると後がメンドクサイ。

BDのテレビンディングは1ペアで8×2カ所。

穴を拡張してしてみて、気がついた・・・
深さ9.5mmで拡張したが、下穴の木ネジ用の穴はそれ以上に深い様で、拡張した穴の底に木ネジの後が見える。
そのため、ドリルで底に押しつぶされた木屑が詰まっている。

ちゃんと9.5mmか、確認
この、木屑はドリルで圧縮されている為、掃除機で吸ったくらいでは、除去出来ず。そのままにすると、穴の深さが変わってしまうため、細いマイナスドライバーや、ヤスリでしっかりと取る。
※この段階では、タップを切る前なので、ガシガシと穴の木屑を除去する。

そして、あらためて開けた穴の深さをデジタルノギスで計測。
ちゃんと9.5mmの深さで揃っているか確認。
※深さが足りない穴は、底に木屑が溜まっているので、再度除去。

でようやく・・・2の行程へ。

自作のタップ用の治具を作ってあるので、深さと垂直はフリーハンドでヤルよりはましだ
と思うが、このタップ作業は、穴開け以上に緊張する。
というのも、
以前インビス化したARMADAなどだと、軽量化された柔らかい心材は、タップが崩れ易く、デリケート。
ボトムまでタップを刻む際は若干押し付けながら進めば良いのだが、タップを戻す際に力を入れても入れなくても、せっかく刻んだタップを崩すことがある。木タップならではデリケートな所・・・
コレがメタルの入った板であれば、余り気にする所ではないのだが・・・
今回は素性の良い板なので、しっかり固い心材で、わりにキレイに出来たと思う。

で、いよいよインビスを・・・

その前に再度、穴の木屑を除去。
穴の側壁は木のタップが刻まれているので、慎重に側壁に触れないように、底に溜まった木屑を除去。
タップによって圧縮された木屑は思った以上に取りづらく、解りずらい・・・
で、再度穴の計測をし、9.5mmあるかを確認。
浅い穴は、木屑がまだあると言う事なので・・・ホジホジ。

で、ここで中断しようと思ったのだが、エポキシを練ってしまったので、一気にインビスの封入までやる事に。

接着剤と硬化剤を同量出し、練る。
いつもはプラスチックケースなどに出して練るのだが、今回は養生テープをテーブルに貼り、その上で練ってみた。
いちいち、ケースが動く事もなく、片手で作業が出来てグッドなtipだった。

僕はインビスには写真のBJウェルドを使用している。
胡散臭いパッケージと裏腹に、高価な接着剤だが国内でこれ以上の硬化時間の長いエポキシを見つけられなかった。
※以前も書いたが、コニシの4時間硬化ではインビスにつかうには少々不安。
かといって、BJがベストか?というと、ステンと木を接着するには疑問が残る。

何かおススメがあればレスを貰えるとうれしい。

で、穴に接着剤を入れるのだが、粘度の高いエポキシは、入れただけでは溝や、底まで行き渡らない。
その為、以前は爪楊枝で塗り込んでいたのだが、棒で面に塗るのは難しい。
そこで、僕は歯間ブラシを使用している。
硬めの太いヤツが良い。
歯間ブラシだと、側面のタップも傷つけ難く、タップの溝に接着剤が行き渡り易い気がする。硬化し始めると微妙だけれど・・・爪楊枝よりはやり易い。

片足分の8ホールにエポキシを塗り、いよいよ4のインビスの封入作業。

ちょっとつけ過ぎ・・・
インビスは5mmのプラスネジに蝶ナットをあわせた物を使っている。
以前はダブルナットで作業していたが、どうにも作業効率が悪いので、今はこの組み合わせでインビスを固定して封入している。

インビスの先端(ボトム?)にもエポキシを添付して、封入するが、エポキシが溢れる。※理想を言えばこの際、一旦インビスを戻し、中の空気を抜きつつ封入するのが理想だが・・・タップにそって回していれる事に集中する為、戻したりといった余裕は余りない・・・

そして、蝶ナットがあたる所までインビスを封入すると、エポキシが溢れる。
溢れたエポキシが、インビスの中に入らないようにだけ気をつけて取付用のボルトを外す。

徐々に、取り付け用のボルトにもエポキシがついて、動きが悪くなるので、
インビス内にエポキシがつかない為にも、たびごとにボルト、蝶ナットをウエスで拭く。

合計8×2個のインビスを入れ、溢れたエポキシがインビス内に無い事を確認して、とりあえずエポキシは溢れたまま硬化。
24Hまつ。

翌日、スクレパーではみ出たエポキシを除去。

これで、一応完了。

後は・・・取付側のビンディングに少し加工して、かじり難くしておかないと・・・
(取り付け用の穴を少し拡張しておく。通常ビンディングはパッケージの際のネジの紛失防止のため、穴にバリが在り、ネジの脱落を防いでいる。
しかし、インビスで使う際は、コレがあるとネジが斜めに入りかじり易くなる。そのため、事前にこのバリを除去しておく必要がある)